ガンなどの病気を治す方法|病んごとなき治療法

医者

脂質を減らす

Doctor

脂質異常症は血液中のコレステロール値が異常を示す病気で、日本では主として高度成長期以降に見られるようになりました。放っておくと動脈硬化の原因となるため、食生活の改善や運動によって治療する必要があります。

Read More

金額を確認する

ガン治療で一番安い放射線治療

Doctor

放射線治療といえば、放射線を扱うため管理も難しく高度な装置が必要であるため治療費が高いというイメージを抱いている人は決して少なくありません。 でも、実際にはそんなに治療費は掛からず、がん治療のなかでも一番安い治療法とされています。 放射線の種類や装置にも寄りますが、安いものでは1回1万円から2万円程度です。 一般的に30回ほど繰り返すため約30万円から60万円です。 これだけ聞くと高く感じるかもしれませんが、公的な保険が適応されるため、3割負担となります。 つまり、10万円から20万円程度で済みます。 さらに他の治療方法と違って放射線治療は日帰りで処置することができるため、入院費などの出費も抑えることができます。

体の負担が小さいメリット

日帰りでガンの放射線治療を受けられるということは、言い換えれば患者の身体的な負担が小さいことを示しています。 負担が大きければ、入院せざるを得ないからです。 一昔前の放射線治療は照射する範囲が広かったため、ガン部位以外の周辺の臓器にダメージを与えて大きな負担となっていました。 しかし、近年では照射するポイントをガン部位のみに絞り込むことが可能となり、患者の負担が大幅に減りました。 日帰りで治療することが出来るため、社会人でも治療を受けながら働くことも不可能ではありません。 これは副作用の強い抗がん剤や体にメスを入れる外科手術ではできないメリットと言えます。 このように安さだけでなく利便性の良さから、放射線治療は人気の治療法の一つとなっています。

重要な臓器

Doctor

腎臓は左右に2個あり、尿をつくる臓器です。腎臓は血液中の成分や水分のバランスをとる役割をしています。ここに病気が起きると腎臓病と呼ばれます。代表的な腎臓病は形の異常である腎臓がんや働きの異常である腎不全などがあります。

Read More

血液をキレイにする

Doctor

血液クレンジングは日本でも徐々に取り入れられており、自由診療で治療が行なわれています。血液クレンジングは安全性の高い治療ですが、持病のある方や妊娠中の場合には治療を控えた方が良いとされています。

Read More